【過酷な任務】反論できぬ自衛隊に、左翼がしたこと….頑張れ、自衛隊!

未分類

どう思いますか?

私は、人の心をもたぬ奴だと思いました。

許せないと思ったらシェア。

反論できぬ自衛隊に、左翼がしたこと。

このような活動に「反論できぬ自衛隊」に、

反論できぬことをわかってこのようなことをすること、許せません。

心を傷つけ、痛めつける以外の目的はあったのでしょうか。

甚だ疑問です。

何が言論の自由か。

ただの人でなしではないか。

日頃、守られる国民として何が恩返しできるだろうか。

許せないと思ったらシェア。

おかしいと思ったらRTしてください。

ひとつひとつの声は小さくとも、積み重ねれば世論を動かす。

物言えぬ自衛官に代わって

物言う政治家として、「おかしい。」と言いたい。

自衛隊への感謝の思い ~ 過酷な任務

自衛隊の災害派遣がどれほど過酷な任務がご存じですか?

東日本大震災以降、自衛隊への信頼は日増しに増加しております。

しかしメディアの「報道しない自由」により、

その多くの活動はトリミングされているのが実態。

■報道しない自由

事実、御嶽山の災害派遣においても

「海外メディア」のほうが写真・質ともに上だと感じた。

スポンサーにパチンコ・スロットをもつメディアは、

自衛隊への国民の信頼が邪魔なのだろう。

彼らは歪んでいる。

ゆえに報じぬ、伝えぬ、なかったことにしてしまう。

皆様は、以下の写真をご存じだろうか。

陸上自衛隊の公式FBにてアップされている、

御嶽山の救助風景である。

見たことがないのであれば、

それは我が国の報道が歪んでいる証左に他ならない。

どれほどの感謝をもって、この姿に応えよう。

「報道せぬ自由」を行使してくるならば

このICTの時代、「私たちにはできることがある」し

「なすべきこと」がある。

彼らの姿に応えたいと思い、本エントリーを上梓する。

皆様が応えてくれると信じ、筆をとる。

「拡散」という言葉は似あわないが、FBでもtweetでもいい、

メディアが伝えぬなら、私たちが伝えればいいのだ。

我々にはできることがある。

そして、なすべきことがある。

もっとも信頼できないのは、メディア

我が国において、もっとも信頼できぬものは、

いわゆる大メディアである。

これはアンケート結果でも如実に表れた。

そして世界広しと言えども、いずれの国でもあっても。

最も信頼を置くのは「軍」である。

なぜならば

国民が本当に危機に瀕した際、自らの命を投げ打ってでも

守ってくれる最後の盾が、軍だからである。

これは世界の一般常識だ。

国際法を紐解くまでもなく、ただの、当然の常識である。

この当たり前のことを政治家が口にできずして、何が政治家だろうか。

政治家よ、恐れるな、前に出よ。

ゆえに私は、これらの事実と、自らの思いをまず口にしたい。

自衛隊にありがとう、と。

常日頃よりの感謝を伝えたい。

左翼、及びそれらの集団、特に日本共産党

(実態としては共産党 日本支部)こと、

旧称:コミンテルン日本支部などは

「自衛隊は違憲だ」「殺人集団」「暴力装置」

などと好き勝手に言っている。

私がこれが許せない。

いわゆる言論の自由というやつだろう。

思想信条の自由というやつもある。

ならば、同じく「言論の自由」を行使させて頂く。

私にも思想信条の自由がございます。

私は、自らの「思想信条の自由」に基づき

自衛隊の行動は正しいと考える。

「言論の自由」に基づき、これを発信する。

「護憲」を掲げる政党こそは、

もっとも憲法を順守すべきだ。

また他者に認められた憲法で保障された権利を尊重すべきだ。

護憲を掲げる日本共産党は、

憲法で保障された私の権利も守るべきだ。

外国人の権利より、日本国民である「小坪しんや」の権利を守ってくださいね?

国民よ。

左翼の横暴が許せないと声を挙げたい。

そして、自衛隊の奮闘。

ここに敬意を表したい。

共に、表したい。

引用元:https://samurai20.jp/2018/07/jsdf-15/

この記事が気にいたら、いいねしてね!!!