【泣ける….】高齢のチンパンジー、寿命が後わずかな時に、昔からの大親友が見舞いに来た時の対応に目頭が熱くなった….

未分類

オランダ、アーネム市にある

ロイヤル・バーガーズ動物園のコロニーを

取り仕切っていたメスのチンパンジー、ママは

昨年この世を去った。享年59歳。

チンパンジーの寿命は平均50歳ということを考えると大往生だ。

彼女がこの世を去る直前に見せた仕草が、

せつなくてあたたかく、

尊い姿であるとして今だ反響を呼んでいる。

高齢と重い病で死期を覚悟していた

チンパンジーの「ママ」。

余命わずか1週間に迫っていたある日のことだ。

彼女が心から愛してやまないある人物がお見舞いに現れた。

【高齢で重い病を患っていたママ】

ママはこの動物園のコロニーで

長年仲間を支えてきたメスだったが、

高齢となり重い病を患っていた。

立つのはおろか、飲食すら拒む状態が続いていた。

そんなママの元をお見舞いに訪れたのは

国際的な霊長類学者であるヨハン・ヴァンフフである。

このチンパンジーコロニーの創始者の一人でもある

ヨハンは、45年前にママと出会って以来の大親友だ。

ヨハンはしばらく彼女と生活を共にし、そのお世話を続けていた。

【大親友のお見舞いに気づいたママが笑顔に!】

しかしこの日、ヨハンのお見舞いでママの

瞳は久しぶりにいきいきとした光を取り戻した。

ほとんど動くことができなくなっていたママ、

最初は彼の訪問に気づくことなく、

自らの死に備えるように横たわっていた。

だが・・・

そっと食べ物を口元に運んでくれたのが

最愛の友だと気づいた瞬間、

驚きと歓喜の表情を一気に爆発させた。

【親愛の情を示したい。最後の力を振り絞りヨハンの頭をポンポン】

身を起こすのもやっとな状態にもかかわらず、

全身で精いっぱいの愛情を示すママ。

そんな彼女を気づかってなだめるヨハン。

彼女は自分の体力が残りわずかであることを知りつつも、

大好きなヨハンのぬくもりを求めて抱きしめようとする。

その愛情を示すためにヨハンの頭をやさしくポンポンした。

【1週間後、ママ、虹の橋を渡る】

それから一週間後の2016年4月、

仲間からも人間にも慕われていたママは

59歳でこの世を去っていった。

もしかしたらあのハグは、彼女なりの

別れの挨拶だったのかもしれない。

この心揺さぶられる光景は海外掲示板でも

取り上げられ、こんな声が上がっていた。

「玉ねぎ切ってるの誰だ!?」

「彼女のなで方をみてると、自分の祖父が

同い年の友達と昔話をしているように見えちゃう」

「彼らはほんとに古くからの友だちだよ。

ヨハンの両親はこの動物園の取締役で、

そのあとは彼の兄が引き継いだ。

ヨハンは動物園と一緒に成長したんだ。

ママはきっと彼のことを昔からよく知ってたと思うぞ」

「泣いてなんかないぞ、泣いてるのは君たちだろ?」

「↑なんでわかったの?」

「心があったかくなった。すごいね。こっちにも喜びが伝わってくる」

ママが死のまぎわにヨハンに見せた、

最後の力をすべて使い切ってもかまわないと

言えるくらいの精一杯のハグと溢れる愛情。

この動画を見た多くの人々が、今は亡き彼女を

悼みながら切なくてあたたかいこの

エピソードをシェアし続けている。

この記事が気にいたら、いいねしてね!!!