【鳥肌注意】5年前おかんが癌で余命一年の宣告。告知せず騙し続け…死後一ヶ月の日に娘は生まれた。先週、お風呂で娘がこう言った・・・

未分類

おかんが癌で亡くなって5年になる。

癌を見つけたときには

もう余命一年の宣告。

親父と相談の上、

おかんには告知しなかった。

一年、騙し続けた。

私はその時二番目の子供を妊娠中。

大きい腹でおかんの病室に通った。

ある日おかんが私の腹をなでて、

まだ見ぬ孫の名をつけて呼んだ。

おかんの死後、丁度一ヶ月の日に娘は生まれた。

母が呼んでくれた名前を娘につけた。

すごく愛しそうに呼んでくれた

名前だから、迷わなかった。

母は夢に出てくることも姿を

見せることもなかった。妹のところにも。

私は、母を騙し続けたことに、

とても罪悪感を感じていた。

例えモルヒネが処方されて

「お姉ちゃん(母は私をこう呼んでた)、 この薬は何?」

と 聞かれても、

ただの鎮痛剤じゃね?

とかいって誤魔化してた。

一日ずつ命が減っていく母に、

それを悟られまいと必死で嘘ついてた。

母は私を恨んでる。

何の心の準備も出来ず、

亡くなったのは私のせいだ。 

親父は母の闘病中から娘より若い

愛人を作って母のことは 全部私に

任せていたので、余計責任を感じてた。

私の所に出てこなくても当たり前だよな、

そう思ってた。

先週、娘とお風呂に入っていると、

娘がこう言った。

「ママ、私の名前はママの

おばあちゃんがつけたんだよね」

ああ、話したことあったかな、

と思って、そうだよ、と答えた。

「私、この名前大好きって言ったら、

おばあちゃんが嬉しいって言ってたよ」

驚いた。

いつおばあちゃんに会ったの?

 

 

 

と、聞くと、

次のページへ続きます
この記事が気にいたら、いいねしてね!!!