男「席をお間違えでは?」妊婦「席譲って…」男「え?料金を払って頂けるなら譲りますが」→するとなんと….

未分類

今日、話には聞いていた所謂『席泥棒』を見た。

初めて見たけど、本当にあんなのがいるんだね。

少し怖かった。

席泥棒は妊婦の女。被害者が年嵩の男性だった。

トラブルは後ろの、後ろ斜め席で起こっていて、

私達一家は(【窓】爆睡息子・私・旦那)の並び。

席順もあって、私達は女が妊婦だと分かった。

ネットを見ない旦那は読書に没頭していて、

トラブルにさえ気付いていなかったけど、

私はほぼ最初から耳ダンボだった。

うざいだろうけど、文章苦手だから会話形式で書く。。。

男性「済みません、席をお間違えではありませんか?」

ここで早くも反応してしまう私。

や、ちょっと染まりすぎやわ、

と思いながら景色戻したら何かオカシイ。

ここでダンボになったよ。

泥『……………ボソボソ』

男性「えっ?はい?」

泥『…ボソボソ』

男性「え、いや、それはちょっと…、

いえ、分かりました。

料金さえ払って頂ければお譲りしますよ。」

泥『……………………』

ず~~~っと沈黙。

男性「あの、女性の方、こちらが私の料金です。

払って頂ければ大丈夫ですから。あの?」

泥『……………………ひ…っ、う…っ、く…っ…』

席泥棒、泣き出した。

唖然として男性を振り返ったら、男性は茫然としてた。

ここで泣き声に気付いた私の旦那や

他の人達がチラホラ席を見始めて、

男性が周囲を見まわしてオロオロして、凄く気の毒になったよ。

しかも何か男性に不利な目線なんだよね。

そりゃ話聞かずに状況見たら、若い女性泣かす中年だしさ。

私の旦那も

「何?泣いてない?あの人(男性)と何かあったのかな」…

と男性にやや不審そう。

なので頑張って、出来る限り大きな声で状況説明してみた。

次のページへ続きます
この記事が気にいたら、いいねしてね!!!