【戦後74年目】上官の犠牲のもとに生き延びた元戦艦大和の乗組員が語る、壮絶な瞬間から学ぶべき事とは?

未分類

「若者よ、君たちが生きるきょうという日は

死んだ戦友たちが生きたかった未来だ」

八杉康夫さんは戦艦大和の乗組員としてその沈没を体験し、

上官の命と引き換えに一命を取り留めました。

今回はいまなお語り部として、

その歴史の真実を伝え続ける八杉さんがその体験記と共に語る、

これからの日本を担う若者へ送るメッセージをお届けします。

沈みゆく戦艦大和

第一波、第二波と攻撃を受けるうち、

大和の後部が白煙を上げたのが八杉さんにも分かったと言います。

なおも攻撃が続き、魚雷が的中した時には震度5にも

感じられるほど激しく船体が揺れました。

そうして、次第に大和は傾いていったのです。

砲術学校では「戦艦は15度傾いたら限界」と

八杉さんは習っていましたが、

25度、30度と船体はどんどん傾いていったそうです。

それでも戦闘中は命令が無い限り、

持ち場を離れることはできません。

その時です。

「総員、最上甲板へ」と言う命令が下りました。

軍には「逃げる」という言葉はありませんが、

これは事実上「逃げろ」という意味でした。

この時、大和はすでに50度ほど傾いていましたが、

八杉さんはこの時初めて「大和は沈没するのか」と思ったそうです。

それまでは本当に、「大和は浮沈戦艦だ」と思っていたのです。

八杉さんが「もう海に飛び込むしかない」と思ったその時、

彼は衝撃的な光景を目の当たりにします。

彼の仕えていた少尉が日本刀を抜いたかと思うと、

自分の腹を切ったのです。

噴き出す血を前に、八杉さんは凍りついてしまいました。

船はますます傾斜がきつくなっていき、

90度近く傾いた時に八杉さんはようやく海に飛び込みました。

飛び込んだのも束の間、

八杉さんは沈む大和が生み出す渦の中へ巻き込まれてしまいました。

その時彼の頭によぎったのは、

海軍で教わった「生きるための数々の方策」でした。

海軍で八杉さんが教わったのは、

ひたすら「生きる」ということでした。

「海で溺れた時、どうしても苦しかったら水を飲め」

「漂流した時は体力を消耗してしまうから泳いではならない」

陸軍では違ったのかもしれませんが、海軍では

「お国のために死ね、天皇陛下のために死ね」

などと言われたことは一度もなかったのです。

ひたすら「生きること、生き延びること」を教わったのです。

ですから八杉さんは、

この時も海の渦に巻き込まれた時の対処法を思い返し、

そして実践しました。

次のページへ続きます
この記事が気にいたら、いいねしてね!!!