交通事故でパニックになり、失踪した小型犬が飼い主と再会した時の嬉しそうな姿に涙….

未分類

車の下の小型犬

動物保護団体の人たちは日夜、

動物の保護活動に懸命に力を注いでくださっています。

犬や猫などのペット動物の場合、捨てられたり

劣悪な環境で飼育放棄されたりなど不幸な状況が多いでしょうが、

偶発的な出来事によって迷子になり、保護されるケースもあります。

今回ご紹介するワンちゃんもそうでした。

ある保護団体が連絡を受けて救出に向かった先には、

車の下に潜って出てこないワンちゃんがいました。

怯えているようで、食べ物を見せても出てきません。

周りはかなり車の往来がある道です。

バリケードやネットで車の周りを囲い、救出を続けます。

幸せな再会

驚かせないようそっとリードを付けると、

抵抗することなく出てきました。

人には慣れており、膝の上に乗ってきます。

マイクロチップの有無を確認すると飼い犬だと判明。

名前は「ルナ」というこのワンちゃんの、

衝撃の事実も明らかになりました。

飼い主さんと兄弟犬と散歩している途中に事故に遭い、

兄弟犬は大ケガを負いました。

ルナは無事でしたがパニックになり、飼い主さんと

はぐれてしまったそうです。

飼い主さんも探していたそうで、すぐにルナを迎えに来ました。

5日ぶりに飼い主さんに会ったルナは

ちぎれんばかりに尻尾を振り、抱きつきます。

心細かった日々から解放され、とても嬉しそうです。

幸せな再会に胸が熱くなりますね。

この記事が気にいたら、いいねしてね!!!