白い杖を頭上に掲げているのは〇〇のサイン。意外と知られていない『白杖SOSシグナル』を多くの人に知ってほしい!

未分類

視覚障がいを持った方が白杖で地面をたたきながら

歩く姿を1度は見かけたことがある方も多くいると思います。

身の回りの障害物を察知するだけでなく、

周囲に自分の存在を知らせるために行われていることは

以前当サイトでもご紹介させていただきました。

では、もしその白杖を頭上に掲げている人を見かけたら・・・?

残念なことに、日本に住むほとんどの方が

この行動の理由を知らないのが現状です。

そんな中この「白杖SOS」が新聞に掲載されたことにより、

TwitterなどのSNSで話題になりました。

白い杖を頭上に掲げる意味

白杖をまっすぐ上に50cmほど上げる行動が意味するもの。

それは視覚障がいを持った人から周囲に対する

「SOS」を発信しているのです。

例えば人ごみに紛れてしまったときや、

白杖で周囲の状況が掴めなくなってしまったときなど、

誰かの助けが必要であることを周囲に知らせているのです。

残念なことに「白い杖を頭上に掲げる=『助けてほしい』

というサイン」であることを知っている人はごくわずかです。

そこで多くの人に認知してもらえるよう新聞に

「白杖SOS」が掲載されると、Twitterで実際に

遭遇したことがあるという方がこんな投稿をしていました。

たとえ街中で見かけても、このポーズの意味が

分からなければ助けを求めている事にも気が付かないかもしれません。

そのことを多くの人に知ってもらいたい一方で、

この「白杖SOS」には反対意見を述べる方もいます。

次のページへ続きます
この記事が気にいたら、いいねしてね!!!