爆笑w死ぬほど笑える吹き出し注意※エピソードw15選!

未分類

爆笑w死ぬほど笑える吹き出し注意※エピソードw

客「あの・・・ウチのテレビの調子が悪いので持ってきたのですが・・・・・」
店員「はい。すぐに調べさせていただきます。
故障の具合によっては少しお時間が掛かるかもしれませんがよろしいですか?」
客「はい」
店員「どのように具合が悪いですか?」
客「正しい報道が映らないんです」
店員「仕様でございます」

喫茶店でのこと。
店主が店員の男の子に
「ちょっとコレ(紙袋)、さっきのお客さんの忘れものやわ!
走ったら間にあう思うから届けてあげて!」
「わかりましたっ!どんな人ですか?」
「和田アキ子と友近を足して2で割らないみたいな濃ゆい顔のおにーちゃん!」
「はいっ!」

彼はやり遂げた顔で帰って来たが、その人がどんな顔だったのか気になって仕方が無い。

本屋で立ち読みしてたら6~8歳ぐらいの女の子が

「おしりかじむし~、おしりかじりむし~♪」
と歌っていた。

かわいいな、なんて思いながら見ていたら、
その女の子、傍で立ち読みしていたリーマンらしき男のケツにかじりついた。

リーマンが「いたっ」て言ったのと同時ぐらいに
女の子の母親らしき人が慌てて

「すみませんすみません」
て謝ってたんだけどリーマンがそれに対して
「ありがとうございました」
って言ってて吹いた。

昨日のことだけど
俺が帰ってくるなり
「カレーなんだけど人参買い忘れちゃったみたいで入れてないから」
と言ってきた。
まぁ人参くらい別にいいやと思いながら
カレーの鍋を混ぜていたら人参が丸ごと1本入ってた

嫁にそれを見せると
「あ!ここにいたかぁ、人参あったと思ったのに
気づいたらなくなってたから見間違いだと思ってた」
だと

どの行程で何をしたら人参が丸ごと1本鍋に入るのか…

男子高校生2人の会話
A「俺ローソンでバイトしてたじゃん」
B「うん」
A「こないだ修学旅行いったじゃん」
B「うん」
A「帰ってきたら潰れてた…」
B「えっ?!」

イケメンが横に座ってきた。
わたしは耳を赤くしながら寝たふりをした。
後からきた仲間たちが『なに女の真横に座っと~ん』と
イケメンをからかった。私は、なんだか嬉しかった。///
するとイケメンは『この横のやつ、女!?』とすっとんきょうな声を上げ、
乗客全員がこちらを向いた。一駅前だったが下車し、歩いて帰った。

小4息子の友達が家に遊びに来た。盛り上がってるので聞き耳立ててたら、

息子「俺、寝るの毎晩10時過ぎだぜ」(嘘だ、9時半には寝てる)
Å君「そんなの普通だろ。俺なんか11時だぜ」
息子「俺、毎朝コーヒー飲んでる」(嘘。本当はココア)
Å君「俺なんかブラックで飲めるぜ」

どうやら「俺の方が大人だぜ」アピールで張り合っている模様。
しばらく経って、様子を見に行ったら、まだ続いており

「俺なんか白髪あるぞ」
「俺は高血圧だ」
「俺は老衰でもうすぐ死ぬんだぜ」

・・・おまえらエスカレートしすぎ。

前にバイトしていたラーメン屋での出来事。
チンピラ風の男女がご来店。何か嫌な感じだなぁと思ってると、
案の定「髪の毛入ってるぞゴルァ!!!!」と、
長い髪の毛を摘みながら厨房を睨んできたので、
スタッフ全員(といっても俺含め3人)で帽子を取りながら
「はい?何でしょう?」
それを見た兄ちゃん、ええええええ????って顔しながら
「あ、いや、何でもない・・・」
周りの客も笑い堪えるのに必死。
スタッフ全員坊主です。五分刈りなんです。
長い髪なんて入るはずが無いんです。
完食して帰られました。

ファミレスで

男「ねーねー知ってる?」
女「知ってる。」
男「まだ何も言ってないw」
女「言わなくても知ってる。」
男「可愛くねぇーなw」
女「全部知ってるよ。」
男「何?」
女「日曜の飲み会ウソでしょ。全部知ってる。」
男「…」

周りが一斉に静まり返った。

PCを使う授業の時にネットに繋いで
「はは、学校のセキュリティもやっぱこんなもんか。
ま、民間委託の警備会社にしては上出来かな」
とかハッキングしてるフリとかしてた。

それからおもむろに持ち込んだUSBメモリを差して
「なんだ、ファイアウォール破られてるじゃん。生徒名簿あたりはまだ無事か。
ふーん、DOT(俺の考えた架空のウィルス)を使ってるのか。
ま、俺の情報流されちゃ困るし、ちょっと手を貸してやるか」
とか言っていかにも情報戦を繰り広げているようなフリをしてた。

放課後になったらUSBメモリがへし折られてた

中学の頃、グ口好きがかっこいいとおもって
グ口漫画とか死体写真集を学校に持っていったりしてた
男子は少し興味を持つ奴もいたが、女子はもちろん引いてたよ
キチガイキャラを演じるために授業中突然「ひひひひひ!」と笑い出したり
鼻血が出た時、顔に塗りたくったり・・・
手を震わせながら錠剤(本当はタダのビタミン剤)を大量に飲んだり・・・
もちろん俺が歩くと女子が机ごと俺を避けた

そして卒業間際のお別れ遠足の日・・・
その日は制服じゃなくて皆、私服で来ることになってた
そこで俺はチャンスだと思い
ネットからダウンロードしたかなりエグいグ口画像を白いシャツにプリントアウトして
それを着てバスへ乗り込んだ
悲鳴をあげる女子、泣く女子・・・
男子たちからも「てめぇ!ふざけんなよ!」「毎度毎度いいかげんにしろよ!」「死ねよ!」
など、非難の嵐を浴び自分のやったことの重大さにようやく気付き少し涙目になる俺
結局その日はジャージで行く事に
ディズニーランドのトイレで過ごした6時間のことは今でも忘れません

先週のことです。
私が車を止めると、突然三人組みの男が現れました。

一人が優しく声をかけた後、二人がかりで私のボディーを撫で回してくるのです。
なすがままの私にもう一人の男が両手に、手に余る程の物を突っ込んできました!!

何も出来ない私はただ終わるのを待ちました。
そして男は私の穴の中に、たっぷり注ぎ込み穴の周りを拭きながら言いました・・・

最悪だ……母さんが親父と喧嘩して、家を出ていってしまった。
親父も俺もマジ焦ってるんだけど、ついさっき母さんから俺宛にメールが来た。
「突然いなくなってごめんね。母さん頭を冷やそうと思います。しばらくフランスのロンドンへ渡米します。」
あの野郎…どこ行きやがった!!

居酒屋に2人の男が入った
男A「とりあえず生2つ」
男B「んじゃ俺もそれで」

そして運ばれてくる生4つ。

どこにエロ本を隠しても姉貴が引っ張り出して読み捨てていくから、
姉貴の下着が入ってる引き出しの底に隠した
ほどなく親父に発見された

この記事が気にいたら、いいねしてね!!!