32時間に及ぶオペを終えた直後の外科医たちは、手術室の床にそのまま倒れ込んだ。何故なら….

未分類

32時間に及ぶ大手術を終えた医師たちは・・・

2014年6月24日、中国の新聞・人民日報の電子版に

掲載され話題となった写真は、手術用の白衣を

着たまま床で寝ている医師たちの写真でした。

まさか医者がSNSで話題になろうと

バカッター行為をしている!?

いえいえ、彼らは手術室で悪ふざけして

写真を撮っているわけではありません。

中国・福建省にある福建医科大学付属協和医院で

行われた32時間に及ぶ大手術を終えたばかりの姿なのです。

この大手術は頭部に動脈瘤や複数の脳腫瘍などを持つ

患者を救うため、午前9時から翌日の午後5時まで行われました。

陳建屏医師、陳靖医師、陳松医師の3人の外科医で

6つの異なる手術を行ったそうです。

3人の外科医の他にも、6人の麻酔科医と8人の

看護師たちが手術に関わり、費やされたパッドは330枚だといます。

外科医だけでなく他のスタッフもこの通り倒れ込んでしまっています。

今回の大手術は福建医科大学付属協和医院の

最長手術記録を更新したとのこと。

手術をした3人の外科医の一人はこう話しています。

「患者は15分以上心肺停止の状態だったが、

手術により助かった。

このたくさんの汗も無駄ではなかった」

手術は大成功で、患者の方が助かったのだから

32時間に及ぶ大手術をした甲斐もあったというもの!

この写真に中国版ツイッター・微博では

次のようにたくさんの賞賛の声が多数寄せらたそうです。

「尊敬する」

「白衣の戦士、よくやった!」

「医師たちに『いいね!』を1万個」

「外科医は本当に大変だ」

ゆっくり休んで欲しい!

この記事が気にいたら、いいねしてね!!!