【シェア希望】小児科医が警告!すぐに気づくと思ったら大間違い!?子供の不慮の事故に多い『溺水』なぜなら….

未分類

子供が溺れると、バシャバシャと必死にもがく

シーンがドラマや映画などで描かれていますよね?

しかし、そんな誰もが持つイメージとは異なり、

実際の溺水はすぐには気づかないことが多いそうなんです。

長野県佐久市の佐久総合病院小児科を中心とした

佐久医師会の地域プロジェクトチーム

「教えてドクター!」のツイッターアカウントが、

このような呼びかけを行いました。

それは・・・

これは「本能的溺水反応(ほんのうてきできすいはんのう)」

と呼ばれる現象で、バシャバシャと

必死にもがくイメージとは異なり、

実際の溺水は静かに溺れるそう。

実際に、乳幼児の不慮の事故の第2位は「溺水」なのです。

ネットの反応

・初めて知りました!もがく事も出来ないのですね…

2歳と4歳を育ててますが、気をつけます!

・知り合いが幼い頃、腰より下くらいの

水位のプールで溺れかけたと聞きました。

父親いわく、お辞儀の姿勢で顔を水につけ手を

バタバタしていたそうです。なにやってんだ?

とボケッと眺めていたそうですが、

溺れてるんだと気づき大慌てで助けたそうです。

監視員も気づけなかったと・・・

・確か一センチ?の水でも人間は溺れると聞いた事あります。

このツイートが拡散されると、

「ゾッとして震えた」

「役に立った」

「あらためて目を離さないようにしないと」

「怖い怖い怖い‥」

などの感想が書き込まれました。

また、

「昔お風呂で溺れたことあるけど、なにが起きたかわからなかった」

といった過去に溺れた経験を

トラウマのようにつづる人もいました。

あなたの周りに小さなお子さんをお持ちの方がいましたら、

ぜひ教えてあげて下さいね!

この記事が気にいたら、いいねしてね!!!