【春の選抜高校野球】習志野のサイン盗み?不自然な動作に賛否両論!問題のシーンがSNSで炎上!?

未分類

2019年3月28日、春の選抜高校野球大会にて、

石川県代表・星稜高校と千葉県代表・習志野高校の試合で、

習志野高校がサイン盗みをした疑いがあるとして話題となっています。

習志野高校がサイン盗み?

問題のシーンはこの試合の4回。

習志野高校の2塁ランナーが星稜高校の

奥川投手と山瀬捕手のサインを盗んだとの疑惑が持たれています。

星稜高校・林監督は試合後に習志野高校の部屋に

乗り込み、サイン盗みをしたと猛抗議しました。

試合後には、星稜の林和成監督(43)が

習志野の部屋に乗り込み、小林徹監督(56)に

向かって習志野がサイン盗みを疑われる

行為をしたと猛抗議。

「フェアじゃない。証拠はありますよ。

映像ここで見せてもいいんですよ」と言い、

怒りを抑えられない様子を見せた。

こちらが星稜高校の林監督です。

習志野高校のサイン盗みの疑いがあるとされた4回、

星稜高校・林監督は審判団にその行為を指摘。

審判団は協議の結果、「疑わしい行為はない」と判断しました。

2塁ランナーには紛らわしい行為はしないようにとの注意を与え、

試合を続行させます。

この騒動を受け、日本高野連の窪田哲之

大会審判副委員長(62)と若林浩・大会審判委員幹事(60)が

試合後に会見。試合中に星稜側から

サイン盗みの指摘があったという。

場面は4回1死二塁から星稜の捕手・山瀬が北田球審に指摘。

さらに2死満塁から8番・兼子に初球を投じた後、

林監督からも二塁走者を指さして球審へ指摘があったため、

審判団が内野に集まり協議。「疑わしい行為はない」とし、

大槻・二塁塁審から走者に

「まぎらわしい行為はしないように」という注意を与え、

試合を続行した。

習志野高校 サイン盗み(?)動画

習志野高校の2塁ランナーがサインを

盗んだとされるシーンの動画がこちらです。

習志野高校2塁ランナーがヘルメットを触るのが不自然?

2塁ランナーが奥川投手の投球前に、

ヘルメットに手を当てているのがわかります。

これが不自然だとの指摘があります。こちらです。

習志野高校2塁ランナーのステップが不自然?

ヘルメットではなく、ステップが

サイン盗みの動作だという指摘もありました。

2塁ランナーの動きがわかる引きの動画がこちらです。

確かに激しくジャンプしているようにも見えますが、

どうなのでしょうか…

習志野高校 サイン盗み疑惑 SNSでは?

この記事が気にいたら、いいねしてね!!!