【感動実話】教室にいる全員が泣いた小学生の作文の発表会….担任が泣いて謝罪することになった衝撃の理由とは…

未分類

小学生の時僕はイジメられていた。

無視されたり叩かれたり・・・。

しにたいとは思わなかったけど、

学校に行くのはとても辛かった。

イジメをするのは一部のクラスメートだけだったけど、

他の子たちは自分もイジメられるのが怖くて、

誰も助けてはくれなった。

ある日授業で「自分のお父さん」の

事について作文を書く授業があった。

書いたのだが「自分のお父さん」という

テーマとは違う事を書いた。

あとで先生に怒られるかも・・・

またこれがきっかけでイジメられるのかなと

子供心にとても不安だった。

でもそれしか書けなかった。

作文は授業の終わりと同時に集められ、

先生は

「来週、発表会をします。」

と言った。先生は

「なんでもいいんだよ。

遊びにいった事とか、

お父さんの仕事の事とかでいい。」

と言っていた。

けど、僕はなかなか書く事ができなかった。

クラスの子達はみんな楽しそうに書いている中、

僕一人教室のなかでひとりぼっちだった。

結果から言うと、作文は書いた。

先生はそのまま教室を後にした。

その後は頭を叩かれてイジメられているふだんの僕がいた。

「じゃあ今日は発表会をしてもらいます。」

今日は作文の発表会の日。

ただひたすら

「僕の作文は選ばれませんように。」

ただ祈って下を向いているだけだった。

発表会は順調に進み、あと10分で

授業も終わるところまで来ていた。

僕は少し安心していたのだが、その期待は無駄だった。

「では、最後に〇〇君に読んでもらいます。」

頭の中は真っ白だった。

「あの、先生・・・

僕はお父さんの事書いてないです。」

クラス中から非難の声が上がった。

「バカじゃねえの?

廊下に立ってろよオマエ。」

いろいろな声が飛び交ったが、

非難の意見はみんな一緒だった。

もうどこにも逃げられなかった。

「静かにしなさいっ!」

突然の大声に教室は静まり返った。

「先生はどうしても読んでもらいたいの。

だからみんな聞いてください。」

「さあ読んでください。」

いわれるままに僕は作文を読んだ。

次のページへ続きます
この記事が気にいたら、いいねしてね!!!