飼い主の身勝手さで施設に….「僕を捨てないで!」施設前で飼い主に必死ですがる犬の姿に胸が痛い….

未分類

アメリカ、カリフォルニア州

カーソンのシェルター

『カーソンアニマルケアセンター』に

連れて来られたのは、3歳になるオスのチワワ「トト」

「トト」は施設の奥から聞こえてくる

犬の鳴き声からここがどこなのかすぐさま理解しました。

捨てられると察した「トト」は

飼い主に必死ですがってお願いしています。

その姿を見ると思わず涙が出るとともに、

この飼い主に憤りを感じてきます。

飼い主が手放す理由は「吠えてうるさいから」というもの・・

あまりにも自分勝手な理由だとは思いませんか?

ADOPTED – moved to SAFE Album 09/17

ADOPTED – moved to SAFE Album 09/17!!!!!!!!It was very hard to watch TOTO being surrendered because it was like he knew exactly what was happening and after the camera was off he continued to try and climb up his old dad's leg begging him not to do it. He was left because they said he was too vocal, well now he isn't saying anything. He needs help now, the Shelter is FULL! Please SHARE for his life, he is VERY special and a FOSTER or ADOPTER would save him. Thanks!#A4993771 My name is TOTO and I'm an approximately 3 year old male Chihuahua. I am not yet neutered. I have been at the Carson Animal Care Center since 9/16. I will be available on 9/16. You can visit me at my temporary home at C207.My former family who owned me for more than a year had to give me up because they thought I was too talkative. But they said that I spend most of my time indoors. I seem to be good with small children.http://www.petharbor.com/pet.asp?uaid=LACO1.A4993771Carson Shelter, Gardena, California216 Victoria Street, Gardena, California310.523.9566, M-TH 12pm – 7pm, F-SU – 10am – 5pmPHOTO THREAD: https://www.facebook.com/savingcarsonshelterdogs/photos/a.172032662969376.1073741830.171850219654287/649551741884130/?type=3&theater

Saving Carson Shelter Dogsさんの投稿 2016年9月16日金曜日

この映像は動物保護団体の

『セービング カーソン シェルター ドッグ』によって撮影されました。

撮影した団体はトトを救済するためにFacebookに

この動画を投稿して里親を募ったところ、

3,000人以上からコメントが寄せられ、

40万回以上も再生されたのです。

「もっと良い飼い主を見つけてほしい」

「この飼い主は無情だ。

リストにピックアップして他の犬を飼えないようにしてほしい」

「緊張したトトに新しい家族が愛を与えることを願っています」

「問題があるなら吠えないようにしつけをすれば済むこと」

「トトの絶望感を感じて悲しい」

犬の幸せな未来を願うコメントや、

しつけもできない飼い主への非難が寄せられ、

トトを救いたいとの願いから

5,000人以上の人が動画をシェアしました。

団体の投稿したトトの動画はあっという間に拡散し、

すぐに里親になりたいという人が現れました。

トトが安楽死されずにセカンドチャンスを手に入れたことを

知った人たちは次々とコメントを書き込み、

トトの幸せを願うコメントで溢れたと言います。

どこの国であっても、飼い主自身の都合で

犬を捨てる人が後を絶ちません。

しかし、犬の気持ちを今一度考えて理解すれば、

決して捨てることはできなくなるはずです。

人と犬との暮らしは1万数千年もの長い歴史を経て今に至ります。

その中で犬たちは人間の表情や感情を察知する能力を身に付けました。

犬を家族として迎えたならば、たとえどんな不都合が

生れたとしても、一度立ち止まって

犬の気持ちを優先してあげることが必要です。

トトが必死の思いで懇願する動画は、

「しつけしても言うことを聞かない」

などという身勝手な理由を正当化し、

犬を捨ててはいけないことを伝えてくれました。

この記事が気にいたら、いいねしてね!!!