【許せません….】ホッキョクグマに餌付けをしていた男。ある日エサに爆竹を投げ込み、それを食べたクマは苦しみもがき….

未分類

ロシア東部のウランゲル(Wrangel)の

軍事地域で働いているシェフが、

近辺に出没するホッキョクグマに残った食べ物を与えていた。

そんなある日、シェフは軍部隊の中に

あった花火を発見し、

「これでクマにイタズラしてやろう」

と企んだ。

先に餌でホッキョクグマを誘ったあとに、

花火の中にあった爆竹を投げ入れた。

ホッキョクグマはいつものように人が

投げた物を食べるため、爆竹も一緒に食べてしまった。

爆竹を飲み込んだホッキョクグマはしばらくして

雪原で苦しそうにもがきだした。

飲み込んだ爆竹が口の中で爆発してしまったのだ。

あまりの痛みに雪原を転がり回るホッキョクグマは、

鼻や口から血を吐き出しながら奇声をあげた。

現場を目撃した人々は驚き、

何が起きたのか理解できなかったという。

ホッキョクグマに近づくことが出来なかったひとは、

その様子を動画撮影してオンラインに公開した。

映像が公開されると事件は波紋を呼び、

ホッキョクグマに爆竹を投げ込んだシェフは警察に逮捕された。

警察の調査でシェフは

「クマが私を威嚇したので

爆竹を投げて危機を逃れただけだ」

と主張。

 

 

 

しかし、彼の主張は受け入れられず、

裁判所はシェフに対して動物虐待の疑いで懲役7年の実刑を宣告した。

結局このホッキョクグマはその後に命を落としたという。

その映像がこちら。

※過激な内容が含まれますのでご注意ください。

この記事が気にいたら、いいねしてね!!!