なぜ日本では誤解されがちの環境なのか?….日本とアメリカに対してのADHD(発達障害)の違いに驚き!

未分類

ADHD(注意欠陥・多動性障害)は

不注意(集中力がない)

多動性(じっとしていられない)

衝動性(考えずに行動してしまう)の

3つの症状がみられる発達障害のことです。

年齢や発達に不釣り合いな行動が仕事や学業、

日常のコミュニケーションに支障をきたすことがあります。

人口調査によると、子どもの20人に1人、

成人の40人に1人にADHDが生じることが示されています。

以前は男性(男の子)に多いと言われていましたが、

現在ではADHDの男女比は同程度に近づいていると報告されています。

そんなADHDですが、日本とアメリカでは扱いが随分違います。

違いをイラストで描いたツイートが話題になっています。

日本では何かと誤解されがちな環境に

なっていることが残念でなりません・・

Twitterでの反応は・・?

最後の「自分」が感じる結果に驚きました。

同じ症状なのに周りの環境がもたらす影響は大きいです。

もっとADHDに関しての理解が深まるように願ってなりません。

この記事が気にいたら、いいねしてね!!!