【泣ける….】27歳の女性がガンで死ぬ前に残した手紙「ホーリーから、人生のちょっとしたアドバイス」が多くの人の心に響く….

未分類

1月4日(木)の早朝に、

オーストラリアの27歳の女性がガンで亡くなりました。

その女性が亡くなる前に残した手紙を、

ご遺族の方がFacebookに投稿し、10万件以上

シェアがされ多くの人の心に刻まれました。

『ホーリーから、人生のちょっとしたアドバイス』

26歳という若さで、死と向き合い始める

というのは少し珍しいことかもしれません。

なぜなら、多くの人はこのことに目を背けて生きているからです。

毎日は当たり前のように過ぎていきます、

まるでそれがずっと続くかのように。

私もいつか歳を重ね、シワができ、

白髪になることを想像していました。

他の多くの人がそう考えるように、たくさんの子どもに

囲まれ愛に溢れた家庭を築くことをいつも考えていました。

しかし人生は儚く、貴重で、予想できないものです。

毎日を生きることは、与えられた権利ではなく贈り物なのです。

私は27歳です。

まだこの人生を終わらせたくない。

私は自分の人生を愛していて、とても幸せなのです。

でも、もう私にはコントロールすることはできません。

私はただみんなに、些細で意味のないような

ことにあまり心配しないで欲しいのです。

そして覚えておいて下さい。

最後にはみんな同じ運命が待っているということを。

なのであなたの時間を、価値のある

素晴らしいと感じることに使って欲しいのです。

嫌だと思うことはしなくていいのです。

些細なことには寛大でいてください。

もちろんイライラすることはあると思いますが、

引きずらないでください。

そのようなことで、周り人々の人生に

悪い影響を与えないようにしてください。

イライラしてしまう時は外に出て深呼吸をして、

新鮮なオーストラリアの空気を胸いっぱいに吸い込んで下さい。

そして空の青さを、木々の緑を見てください。

それらはとても美しいものです。

考えてみてください。

呼吸ができること、その素晴らしさを。

次のページへ続きます
この記事が気にいたら、いいねしてね!!!