死と隣り合わせの戦地で出会った一匹の犬。任務を終え帰国する兵士が下した「処刑覚悟の決断」に涙が止まらない。。

未分類

アメリカ軍の海兵隊員だったクレイグさんは、

アフガニスタンのヘルマンド州サンギン地区へ

派遣されることになりました。

その地では、日夜アメリカ軍と、イスラム武装勢力

タリバンとの戦いが繰り広げられている激戦区です。

まさに死と隣り合わせの過酷な状況で、

クレイグさんは一匹の犬と出会います。

誰かに飼われている様子もなく、

どこからか拾ってきた食べ物を食べていた犬。

この地では人間だけではなく、動物までもが

戦争によって居場所を奪われているのです。

どうしてもこの犬が気になったグレイグさん。

しかしアメリカ軍には

「兵士は犬に近寄ってはならない」

という規則があります。

これまで規則を破った事は一度たりともなかった

クレイグさんですが、この時初めてその規則を

破ろうという意を決しました。

自身が持っていたビーフジャーキーを手に近寄ってみると、

その犬はクレイグさんを見て尻尾を振り始めたのです。

新たな相棒

死と隣り合わせの過酷な環境で、

クレイグさんに尻尾を振り近づいてくる犬。

この瞬間、クレイグさんはこの犬を

「相棒」として連れて行く決心をしました。

それからというもの、「フレッド」と名付けられた

この犬はクレイグさんの後をついて回るようになりました。

クレイグさんが危険な場所へ任務に行く際にも、

決して隣から離れようとしないフレッグ。

そして一度だってクレイグさんの仕事の邪魔をしない

フレッグは、たちまち兵士たちの人気者になりました。

いつ命を落とすかわからない緊迫した精神状態の中で、

フレッグの存在はみんなを癒すために必要なものとなったのです。

任務を終えて

サンギン地区での任務を終えたクレイグさんは、

祖国アメリカへ帰国することが決まりました。

一度本部基地へ戻らなくてはならない彼が

気にかかったのは、やはりフレッグの存在です。

ここで一匹取り残されるフレッグの気持ちを思うと

やるせなさも残りますが、犬が禁止されている

基地へ連れ帰るには大変な危険が待ち受けていたためです。

そこでクレイグさんは、フレッグにこのように語りかけました。

次のページへ続きます
この記事が気にいたら、いいねしてね!!!