目が見えない自分を守る為にゴミ溜めにいた犬。多くの奇跡が重なり再び光を取り戻す姿に感動….

未分類

ある日

「ゴミ溜めの所に犬がいるから助けて欲しい」

という連絡が動物保護団体の元へ連絡が入ります。

すぐに駆けつけると、そこには臭いが酷い

ゴミ溜めに塗れた犬が体を震わせて佇んでいました。

さらにこの犬は、何と全盲状態となっており、

酷い臭いの中の暗闇の中で過ごしていたのです。

ゴミ溜めにいると誰にも気付いてもらえませんが、

全盲の犬にとってはここが一番の安全地帯だったのです。

この犬をすぐに保護した後に、

保護施設へ連れて行って清潔な体にしていきます。

怯える犬

保護する時の犬の様子は、スタッフが近づくと

気配を察知したのか怯えたような表情をしました。

今まで誰も近付かなかった場所だったので、

突然の人間の気配に驚いてしまったのでしょう。

ただ盲目だったため逃げることはなく、

ただじっとしていたので、保護するのに時間はかかりませんでした。

保護した犬をすぐに保護施設へ連れていき、

体中に寄生していたノミやダニを除去するために

シャンプーとカットをします。

そのおかげで、犬はみるみる綺麗な姿になっていきました。

そして次に連れていった場所は動物病院で、

目の診察をしてもらいましたが、

やはり目が見えていない状況でした。

しかしその後、この犬にとある奇跡が起こります。

次のページへ続きます
この記事が気にいたら、いいねしてね!!!