捨てずにとっておいて良かった。冷凍庫に眠るアイツがこんなに使えるヤツだったとは・・

未分類

ケーキや、お刺身なんかと一緒に入っているアレ・・

そう保冷剤ですが、捨てるのはもったいないので

とっておいては、冷凍庫の肥やしになっていませんか?

安心してください、今こそその肥やしが役に立つ時が来ました!

実はアイツは意外に使えるヤツだったんです。

今回はその便利な使い方をご紹介します。

【嫌な臭いを瞬時に消してくれる消臭剤】

お部屋の臭いに気付かないあなた、もしかしたら

気付かないうちに嫌な臭いが溜まっているかも・・・。

もしもの為に、部屋の臭いを瞬時に消してくれる方法がコチラ!!

凍っていない状態のジェル状の保冷剤を袋から出して、

皿の上などに広げ、ニオイが気になるところに置いておけば、

消臭効果が期待できます。

現在、日本で出回っている保冷剤の多くは、

水に、市販のオムツや生理用ナプキンにも

よく使われている吸水性ポリマーと呼ばれる

化学製品を配合したものなんです。

保冷剤の中身の約90%は水です。

吸水性ポリマーが水を吸収し、ジェル状になると、

表面に非常に小さな凹凸が生まれます。

その微細なくぼみにニオイの原因となっている

物質を吸い寄せて取り込み、消臭する仕組み。

そのため、保冷剤の中身を口が細い瓶などに入れるよりは、

平たい皿などに敷いた方が表面積が大きくなり、

消臭効果が高くなります。

【ただし注意点があります】

一部の保冷剤には、エチレングリコールや、

メタノールなどの毒性のある成分が含まれている場合があります。

間違っても誤飲しないように注意して扱ってください。

また、小さなお子様や、ペットなどを飼っている

ご家庭ではさらに充分に注意の上、

ご自身の判断で活用するようにしてください。

【アロマオイルなどを垂らして芳香剤に】

アロマオイルの香りが保冷剤の水の中に溶け込み、

その水が徐々に蒸発していくことで、いい香りが周囲に漂います。

市販の芳香剤の中にも、吸水性ポリマーに

香料を加えて加工した商品は多いのです。

効果は直射日光に当たらないところなら7~10日ぐらいで、

見た目が乾いてカピカピになったら替え時です。

【さらに園芸などでも使えるアイテムに】

ジェル状の保冷剤を鉢植えの土や、

畑の土の上にまけば、保水剤として使えます。

水を含んだ吸水性ポリマーから水分が徐々に

土の中に溶けていくため、旅行などで水やりに

間隔が空くときなどに使えますね。

保冷剤に含まれている吸水性ポリマーや微量の

防腐剤などは植物などに害を与える物質ではないので

土に混ざっても大丈夫。

【まだまだあります、掃除の時にも大活躍】

お掃除のときに鏡拭きとして利用してみましょう。

不思議とピカピカになります。

そのほかにも蛇口などを拭いてもキレイになりますよ。

冷やすだけじゃなかった・・

こんなに使えるヤツだったとは驚きですよね。

これからは今まで以上に捨てられない物に

なったのではないでしょうか?(笑)

この記事が気にいたら、いいねしてね!!!