親父から継いだ工場が破産寸前。離婚を覚悟し、妻に打ち明けると「印鑑取ってくる」と席を立ち寝室に。そして一つの封筒を突き出された…

未分類

妻が、テーブルへ戻ってきました。

顔を上げると妻が持っているのは、一つの封筒。

まるでこういう時の為に

用意されていたかの様に。

妻から、

「月末までに、いくら必要なの?」

と改めて聞かれ、男性は

「300万円」

と答えます。

「それがないと、どうやっても破産?」

と聞かれ、再びうつむき

頷くことしかできません。

そうすると、手に持っていた封筒を、

目の前に突き出されたのでした。

「離婚だ」

目の前にある現実から逃げ出したくなります。

でも、逃げることなどできません。

目の前の封筒を手に取り、封をあけます。

しかし、その封筒の中に入っていたのは、

封筒の中には、印鑑と銀行通帳が入っていたのです。

離婚届だと思っていた男性は、顔を上げて妻を見ます。

妻は一切表情を変えずに

婚前に貯金してたお金と、

いつか子供が生まれた時にって

貯めてたお金。400万くらいある。

と男性に伝えます。

頭が真っ白になっている中

通帳を見ていると、そこにはコツコツと

積み立てられていた軌跡が綴られていました。

「こんな大切なお金使えないよ」

と妻にいう男性。

すると無表情の妻は、

「どっちにしても、家族のためにと

思って貯めてたお金だから。このお金使って」

と返します。

妻の言葉と行動に、思わず涙が溢れる男性。

色んな感情が入り混じりました。

妻に申し訳ない気持ちでいっぱいだけど、

何とか会社を乗り切れる。

何より、妻から離婚を突き出されると

思っていたのに、これから先も妻と一緒にいれる。

「離婚って言われるかと思った」

思わずつぶやいてしまう男性。

その言葉を聞いた妻は、ずっと無表情だった

顔をニカっと笑わせて、

「いつかは継ぐってわかってたし

こんなこともあると思ってたから、

こんな事じゃ離婚しないわよ。

それよりちゃんと会社立て直すんだよ」

と言いました。

その言葉には、妻の「妻になる覚悟」が

込められている様に感じました。

こうして破産の危機を無事に

乗り越えることができた男性。

その後も紆余曲折あったものの、

何とか経営を立て直すことができ、

今では社員全員で社員旅行として

サイパンに行っているほど。

順風満帆と表現ができるほどうまく

いっているわけでもありませんが、

毎日毎日、笑顔で過ごせるくらい会社は

うまくいっているそうです。

ちなみに妻が僕に内緒で

貯めていたお金とは….

http://www.softwareproductioncenter.com/019/

今では僕もやっていますw

この記事が気にいたら、いいねしてね!!!