2歳幼児が昼寝をしない⇒先生が「蹴る」、ぶるぶると震える幼児!批判殺到!

未分類

中国、広州で起こった児童虐待!

この児童虐待事件は、中国の広州で起こった事件です。

なんと、2歳の児童が恐怖でぶるぶると

震えるほどの虐待を受けていました。

中国の広州に女性からの通報で、事件が発覚しています。

女性は幼稚園から帰宅した、

2歳の娘の顔に傷があるのに気付いたのです。

虐待を受けた児童

この広州の児童虐待事件とは関係ありません。

2歳の娘さんの全身を確認し、

全身に青いあざや、傷が付いていることを発見し、

近くの病院を受診。

医師からは

「他人の虐待により生じたものだ」との診断を受けて、

警察に子供の幼稚園を申告し通報したため、発覚したのです。

監視カメラには、明らかな証拠映像が・・・

警察が幼稚園の教室からの監視カメラ映像を調べた結果、

担当幼稚園の先生が、子供を殴っている姿が残されていました。

虐待を加えていたのは、保育士の

ホウ・モウ(Huang Mou)容疑者です。

モウ保育士は、昼寝の時間に、静かに寝ない子供たちを、

教室の片方に連れて行き、子供を床に叩きつけるという

ショッキングな犯行でした。

モウ容疑者は、子供の顔と体を殴り続けていたとの報道です。

靴で、子供の体のを踏んだり蹴ったりしていたのです。

何も逆らえない幼児に対しての悪辣な行為に、驚きを隠せません。

子供たちは、恐怖のあまり座ったままで震えていたと言う事です。

警察は、虐待の明らかな証拠により、モウを緊急逮捕し、

現在は、事件の詳細を取調中と、中国メディアの報道にありました。

次のページへ続きます
この記事が気にいたら、いいねしてね!!!