財布を落とし困っていた20歳の男性に届けられたのはまさかのお金の増えた財布だった果たしてその真相とは・・・

未分類

見知らぬ人を思いやる行動が

心温まるエピソードとして

広がる昨今、アメリカで

見ず知らずの若者がなくした

財布を届けた善きサマリア人

話題になっている。

飛行機の中でうっかり財布を

なくして困っていた男性。

そこにまもなく小包が到着する。

その中にはなんと現金が足された

財布と手紙が入っていたのだ。

場合によっては現金を失うどころか

クレジットカードや身分証明も

悪用されるこのご時世に

なんとお金が増えているとは!

飛行機の中で財布を発見した善意の人

ネブラスカ州オマハ発

コロラド州デンバー行きの

国内便を利用したある男性が

飛行機を降りるときに誰かの財布を発見した。

その持ち主は20歳の

ハンター・シャマットさんだった。

彼は妹の結婚式に出席するため

飛行機に乗り、財布がなくなったのに

気づかないまま降りていたのだ。

また、紛失時の財布には

身分証明書とデビットカードと

サイン済みの給与支払小切手と

現金60ドルが入っていたという。

60ドルが100ドルになって持ち主のもとに!

その後、善意の人は

ハンターさんに財布を郵送した。

その中身は何一つ減っていなかったが

60ドルが100ドルに増えていたのだ。

さらに一通の手紙が添えてあった。

手紙の内容は以下のようなものだ。

この財布はオマハ発デンバー行きのフロンティア航空の飛行機の12列目Fの座席と壁のすき間で見つけました。きっとお探しだったことでしょう。
ではごきげんよう。

追伸:財布が戻ったお祝いに現金を100ドルきっかりにしました。楽しいひとときを!!!

この人にお礼を伝えたい!家族がフェイスブックで呼びかけ

受け取ったハンターさんと

家族はびっくり!丁寧に財布を

返してくれただけでなくお金が増えているなんて!

すぐにもお礼を言いたかったが

手紙はTBというイニシャルのみで

封筒の住所にも手掛かりがない。

そこでハンターさんの母親が

フェイスブックにこう呼びかけた。

次のページへ続きます
この記事が気にいたら、いいねしてね!!!