自閉症の息子はいつも一人でランチを食べていた…ある日母に送られてきた一枚の写真。。それを見た母は涙を流していた!

未分類

自閉症の息子はいつも一人でランチを食べていた・・・

ある日母に送られてきた一枚の写真。

それを見た母は涙を流した。

10代のころはとても多感で、人と違うということで

避けられたりイジメにあうことも珍しくありません。

親は自分の子供が学校生活を楽しんでいるのか、

知りたくても本人が話してくれなければ

わからないこともあります。

ある親は自閉症の息子が学校でいつも

一人ぼっちでいることを知っていました。

するとある日、友人から写真付きにメッセージが届きます。

それを見た母は涙を流しました。

米フロリダ州に住むシングルマザー、リー・パスキーさんは

11歳の息子のことをいつも心配していました。

「学校でうまくやっているのかしら・・・」

息子のボー君は3歳のときに自閉症だと診断されていました。

それ以来、学校でいじめられたりすることのないよう、

できれば良い友人を作ってほしいと願っていました。

「今日に誰とランチ食べたの?」

ボー君は極まれにクラスメイトと

ランチを食べましたが、ほとんどが一人でした。

「自閉症で良かった・・・そんなことを思ってはいけないんだけど、

おかげで彼は一人ぼっちなのに気づいていないわ」

ボー君は、自分だけクラスメイトから

誕生日会に誘われないことに気づいていないにようでした。」

自閉症の子は、言葉に遅れが生じたり、

思い通りにいかないことで簡単に

パニックになってしまうことがあります。

多くの子供たちとは発達の特徴が違うため、

孤立することが多く、育児も育児書の通りには行きません。

「自分から周りに溶け込むのは難しいかもしれれないけど、

せめて誰か息子に関心を持って欲しい。」

そんな思いでいました。

ある日友人から写真付きのメッセージが送られてきました。

「あなたの息子がアメフト選手の

トラビス・ルドルフ選手とランチたべてるわよ!!」

ルドルフ選手は現在NFL(プロアメリカンフットボールリーグ)の選手。

2016年当時フロリダ大学のアメフト選手でした。

「え?誰かしら・・・」

ルドルフ選手が地元の有名人であることを知りませんでした。

添付されたいた写真を確認してみると・・・

そこには、クラスメイトから離れ、一人でランチを食べる

息子の向かい側でランチを食べるルドルフ選手がいました。

次のページへ続きます
この記事が気にいたら、いいねしてね!!!