チキンガールと呼ばれた少女の悲劇とその真相とは・・・幼少期、鶏小屋でニワトリと一緒に8年間もの間育てられる。。。

未分類

1980年、ポルトガル国民は

9歳の少女マリア・イザベル

クアレスマ・ドス・サントスの

あまりに悲劇的な話にショックを受けた。

少女はその人生のほとんどを

人間と関わることなく

愛情を受けることもなく

ニワトリ小屋の中で過ごしていたのだ。

ずっとニワトリと暮らしていたせいか

その挙動がまるで鳥そのものだっため

彼女は「チキンガール」と呼ばれるようになった。

1歳から8年間ニワトリ小屋で育った少女

1980年1月のDiariodeNoticias紙の

記事によると、マリア・イザベルは

1970年7月6日、ポルトガル中部

コインブラにあるタブアの農場で生まれた。

マリアの母親は実は深刻な精神疾患

だったことが後にわかるのだが

マリアが1歳のとき

「この子は私の子ではない」

という思い込みから少女を

ニワトリ小屋に閉じこめた。

その後8年間、マリアはこの小屋の中で

ニワトリと暮らした。

食べ物は鳥と同じだ。

鳥のエサ、穀物、キャベツの切れ端

家族の食事の残飯を与えられて生き延びていた。

マリアの兄たちは、こんな扱いは受けなかった。

家の中で眠り、学校へ行き

近所のほかの子どもたちと遊ぶ普通の生活を送っていた。

のちに、ニワトリ小屋で暮らす

マリア・イザベルのことがタブアの人たちが

知るところとなっても

誰も警察に通報したり

少女を助け出そうとはしなかった。

当時、タブアは小さな田舎町で

人々は隣人の問題に関わるより

自分たちが暮らすための日々の

仕事でいっぱいいっぱいだったのだ。

マリアの悲惨な話が新聞に載ったのは

閉じ込められてから

約9年経った1980年1月のことだ。

母親に重度の精神疾患があることが判明するものの…

次のページへ続きます
この記事が気にいたら、いいねしてね!!!