絶賛勤務中www清掃員として雇われたのは賢すぎるカラスたちだった・・・

未分類

フランス・バンデ県西部に

ある人気のテーマパーク

「ピュイ・ド・フー」では

6羽のカラスたちが

園内清掃員として雇われた。

彼らは、タバコの吸い殻やゴミを

拾うよう特別に訓練された

賢いカラスたちだ。

カラスたちがゴミを拾って

一定の場所に捨てると

そこにある小箱からエサが出てくる。

この仕組みを理解したカラスたちは

積極的にゴミ拾いを行っているのだという。

園内美化につながれば

カラス清掃員を導入した目的は単に

園内をきれいにすることだけではない。

「カラスですらゴミを拾い集めるのに

人間が散らすわけにはいかない」と

来園者がそれに感化され

きれいなパークを保つ意識が

高まるという目論見もある。

「わたしたち人間が、動物から

環境を大切にすることを

教わることができるのを示す目的もある」

園長のニコラ・ドヴィリエは説明する

賢いカラス

ハシボソガラスやコクマルガラスなど

ミヤマガラスの仲間は特に知能が高く

人間とコミュニケートしたり

遊びを通して関係を築くことができると考えられている。

研究者も、カラスは驚くほど頭が良く

道具を使う、複雑な問題を解決する

人間の顔を覚える、仲間同士で

コミュニケートする

その他いろいろなことができると言っている。

自然主義者でテレビ司会者の

クリス・パッカムは、自分のテレビ番組の中で

地上でもっとも頭のいいこの生き物の心を探ろうと

ブランというカラスに対して

かなり複雑な8つのテストを行った。

完璧にテストをこなしてしまうカラスに

クリスたちは驚きを隠せなかった。

この記事が気にいたら、いいねしてね!!!