【奇跡の木】アーモンドに桃に杏子!?1本で「40種類の果実を実らせる木」が凄すぎると話題に!

未分類

アメリカ・ニューヨーク州シラキュース大学の

芸術学科教授を務るサム・ヴァン・アクン博士。

農家生まれだった彼は、当時閉鎖予定だった

果樹園を買い取る事に決めました。

その翌年、買い取った植物を集め

「壮大な計画」をスタートさせます。

それから5年後、彼の計画は色とりどりに花開く

”1本の芸術”へと変貌を遂げたのです。

閉鎖予定の果樹園

2008年、ニューヨーク州農業研究所の果樹園が

資金難により閉鎖する事を耳にしたアクン博士。

その果樹園では数多くの植物が育てられており、

中には樹齢150~200歳の木々もあったのだそう。

「この果樹園が閉鎖したら、

これらの植物はすべて失われてしまうかもしれない。」

そう危惧したアクン博士は、閉鎖予定に合った

果樹園を買い取ることに決めます。

そして集められた植物を使い、

「全ての果実を一本の木で実らせる」という

壮大な計画をスタートさせたのです。

アクン博士の計画

この計画を実行に移したアクン博士。

まず果樹園に合った250種類もの植物をを

季節ごとに仕分けると、開花時期を計算して

小さなグループで統合を開始しました。

そして2年後にある程度植物たちが育ったところで、

「チッピング移植」という方法を用いて木々を統合していきます。

チッピング移植とは、親となる木に子となる

木の枝を部分的に移植する方法。

こうすることで、親の木に子の木の果物が

実るようにさせる技術です。

移植部分をテープで固定し、越冬させることで

チッピング移植は成功します。

これらを繰り返し行っていくことで、

40種類もの植物を親木に移植させていったのです。

計画から5年後

次のページへ続きます
この記事が気にいたら、いいねしてね!!!