【実話】「ぼくがいるよ」病気を患った母のため、小学4年生の息子が綴った作文に心打たれる….

未分類

メディアにも大きく取り上げられ、

日本語大賞を受賞した

「ぼくがいるよ」とぃ作品をご存知ですか?

病気を患い一ヶ月の入院生活を経て戻ってきた

お母さんへ、当時小学4年生だった森田悠生が

綴った作文が大きな話題を呼びました。

お母さんの病気を経て、

まだ小学4年生である少年が起こしたある行動。

子供が母を想う気持ちに思わず涙がこぼれます。

「ぼくがいるよ」

お母さんが帰ってくる!

一ヶ月近く入院生活を送っていたお母さんが戻ってくる。

お母さんが退院する日、ぼくは友だちと

遊ぶ約束もせず、寄り道もしないでいちもくさんに帰宅した。

久しぶりに会うお母さんとたくさん話がしたかった。

話したいことはたくさんあるんだ。

帰宅すると、台所から香ばしいにおいがしてきた。

ぼくの大好きなホットケーキのはちみつがけだ。

台所にはお母さんが立っていた。

少しやせたようだけど、思ったよりも

元気そうでぼくはとりあえず安心した。

「おかえり」

いつものお母さんの声がその日だけは特別に聞こえた。

そして、はちみつがたっぷりかかった

ホットケーキがとてもおいしかった。

お母さんが入院する前と同じ日常が僕の家庭にもどってきた。

お母さんの様子が以前とちがうことに

気が付いたのはそれから数日経ってからのことだ。

みそ汁の味が急にこくなったり、

そうでなかったりしたので、ぼくは何気なく

「なんだか最近、みそ汁の味がヘン。」

と言ってしまった。

すると、お母さんはとても困った顔をした。

「実はね、手術をしてから味と匂いが全くないの。

だから料理の味付けがてきとうになっちゃって・・・」

お母さんは深いため息をついた。

そう言われてみると最近のお母さんはあまり食事をしなくなった。

作るおかずも特別な味付けが必要ないものばかりだ。

 

次ページへ続きます

この記事が気にいたら、いいねしてね!!!